共有者のいる不動産担保ローン

不動産担保ローンで担保設定が難しいと思われている物件のひとつが、担保設定を考えている不動産に関して、自分が100%所有しているわけではない物件があります。

共有で所有している不動産は、夫婦名義や家族の共同名義になっているものがあります。

持ち分がどの程度あるかというので、担保の価値が変わってきます。

最初にその不動産を共同で出資して購入している場合は、誰がどのくらいの出資を行ったかというので、共有の自分の所有に関する持ち分を設定していきます。

共有持ち分がある場合、できるだけ共有しているほかの人に、不動産担保ローンの担保設定を知られたくないというケースもあります。

これは担保になる不動産の持ち分などにより、金融機関がそれぞれ定めるところです。

知られずに共有持ち分を担保に設定することができるケースもあります。

秘密厳守の会社に相談してみるといいでしょう。

不動産担保ローンで共有部分を担保に設定して融資を受けられるのは便利ですが、返済が延滞してしまうと、担保が物件の一部分であることから、自宅を担保に取られるよりも複雑な結果になりかねません。

共同所有者を巻き込んで迷惑もかかります。

その際、内緒で担保設定をしていると、家族や身近なの落胆も大きいでしょう。

できるだけ、最初から相談しながら手続きをすすめることが望ましいのは言うまでもありません。

どうしても内緒でという場合には、あらかじめ必要な書類をそろえておくなどの準備が必要でしょう。